マイホーム購入には資金が必要

資産計画がとても大切です

マイホームの購入は、どのような地域でどのような物件であったとしても、1万円とか2万円で購入できるものではないので、それなりに資金計画をきちんと立てておくことが重要です。地方であれば土地は安いですし、都心部に来ればそれなりの金額になってきます。しかし、一戸建て住宅の場合、上物部分に関しては、どこの地域で建てたとしてもそれほど大きな差は生まれませんので、どこにマイホームを購入するとしても、まずは頭金が大切です。そして、頭金がいくら用意できるのかを念頭におき、足りない部分は住宅ローンになるので、返済の計画もきちんと立てておく必要があります。最近は頭金なくても家が買えるようなチラシをよく見ますが、購入できても住宅ローンが大変になるので、資金計画はきちんと立てておきます。

相談先は不動産屋さんです

これからマイホームを購入する場合は、家の相談ですから、基本は不動産屋さんになります。そして、住宅ローンの相談は、金融機関ということになりますが、まずは不動産屋さんへの相談で大丈夫です。場合によっては、不動産屋さんがどこかの金融機関と提携している場合もあるので、そこを紹介してもらいます。店頭金利よりも低い金利で貸し出してもらえる場合もあるからです。最近は、マイホームの購入にあたって、インターネット上で住宅ローンのシミュレーションができます。これを使って自分なりに分析をしたうえで、相談するのが良いです。どんな金額のマイホームでも、頭金が0円というスタイルは避けて通ったほうが自分の将来のためにも良いです。

間取りは部屋の区画のことをいい、家族数や生活スタイルによりそれぞれ間取りを選ぶポイントは異なります。生活の中心となる住まいで快適に過ごすためには希望にあった間取りを選ぶことが重要となります。

© Copyright Design Your Way. All Rights Reserved.